「面白そう」という不真面目な理由

結婚相談所今や「婚活」という言葉は一般的に広く認知されるようになりましたが、少し前までは結婚相談所ですらマイナーなものとして捉えられていました。

既婚率や出生率の低下、離婚率の増加などが影響し、高齢化社会が加速してしまっている状況の中、将来の日本を健全に支えていくためには「今、多くの人に子供を産んでもらいたい」という政府の思惑があるのかどうかは分かりませんが、ここ数年で「婚活」やそれに関する情報は非常に増えてきています。

私も2年ほど前に全国展開している結婚相談所を利用した経験があります。

私の場合、「どうしても結婚したい」という訳では無かったのですが、「面白そう」という不真面目な理由で説明会に参加しました。

当初、説明を聞いた感想としてつまらなそうだったら辞めるつもりだったのですが、丁度タイミングよくキャンペーンを行っているということで「とりあえず」という軽い気持ちで入会しました。

すると、すぐにマッチングされた相手を紹介してもらうことが出来、何度か顔合わせや食事などをする機会がありました。

私が紹介してもらった相手は年代も近く、趣味なども合っている人で非常に良かったのですが、私の方がそれほど結婚に対して前向きでは無かったという事もあってか中々話は進まない状況でした。

そんな中、数名の紹介を受けても結果が出ない私に対して結婚相談所の担当者から本気のダメ出しを受けることになってしまいました。

十中八九、カップルとして成立しない理由は「利用したきっかけを正直に話していたから」だと思うのですが、担当者は私の恋愛スキルやコミュニケーション能力が低いのだと判断されたようで、数回にわたってトレーニングを受けることになってしまいました。

私は「面倒くさい」と感じて二回目から参加しなくなり、そのまま退会という形を取ることにしました。軽率な行動に深く反省しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>